医療脱毛は茶褐色のメラニン色素に反応

医療脱毛は茶褐色のメラニン色素に反応するレーザーを肌の上から照射して毛根にダメージを与え、脱毛する施術方法です。
一度の照射で広範囲を処理することができて短時間の施術です。
施術中の痛みは肌を軽くはじかれる程度です。
肌に刺激はあるのですが、自分でムダ毛を処理するよりは肌トラブルの危険性は低くなります。
自分で継続的にムダ毛処理をすると、赤みや腫れ、黒ずみ、毛穴の目立ち、乾燥、敏感などの症状が出やすいのです。


医療脱毛は皮膚科や美容外科などの医療施設で行われているので肌の状態をみながら脱毛でき、万が一トラブルが起こった際には診察もしてもらえるので安心です。
脱毛施術は、肌表面に生えている成長期のムダ毛を処理することができますが、成長期のムダ毛は全体のごく一部です。
ムダ毛は順番に生え変わるので、休息期のムダ毛が成長し始めたころにまた脱毛施術を受けることが必要です。
医療脱毛は脱毛効果が高く成長期のムダ毛は確実に処理できます。
ムダ毛の生え変わり周期は約1か月半から2か月です。
この周期に合わせて数回の施術を受けることによってすべてのムダ毛がなくなり、永久脱毛効果を得られるのです。


永久脱毛となるのに必要な回数は人にも部位にもよりますが、だいたい6回ほどです。
医療脱毛のコース設定や費用は施設にもよりますが、一回ずつの施術費用を支払うと高くなります。
満足のいく仕上がりを目指すならば、数回の施術回数がセットになったコースの方がお得です。

子ども脱毛徹底ナビのサイトはこちらです。